【カナダ・ビクトリア】天気&服装をチェック!

海外旅行の準備に欠かせないのが天気チェック。

現地の天気次第では、持参する服装や荷物も変わってきます。

そこで今回は、カナダ・ビクトリアの天気・服装についてまとめてました!

持って行くと便利なお助けアイテムや、ビクトリアの熱いイベントなども含めてご紹介します。

ビクトリアの位置・行き方

カナダのブリティッシュ コロンビア州の州都であるビクトリアは、バンクーバー島の南端に位置しています。

日本からビクトリアまでの行き方

ビクトリアまでは、カナダからとアメリカからの行き方があります!主に下記の3通り。

  • 日本バンクーバー国内線フライトで25分。
  • 日本バンクーバーバス+フェリーで3時間40分。
  • 日本アメリカ・シアトル→高速船ビクトリア・クリッパーで3時間。

これが人気の理由!ビクトリアの天気

ビクトリアは、世界中の旅行者たちから大人気。
人気の理由を、ざっくり以下にまとめてみました。

  • カナダの中でも、ビクトリアは穏やかな気候!
  • 冬は、ほとんど雪は降らない!(寒くても平均3
  • 夏は、カラッしていて快適!(暑くても平均21
  • 比較的、降水量が少ない!(東京の半分程度)

つまり、「暑すぎず、寒すぎず、降水量が少ない」んですね!

ちなみに、年間の平均最高気温はこんな感じです↓

最高気温

(Victoria)

最低気温

(Victoria)

最高気温

(Tokyo)

最低気温

(Tokyo)

1月 9℃ 4℃  10℃  1℃
2月 9℃ 3℃  10℃  2℃
3月  11℃  4℃  13℃  4℃
4月  14℃  6℃  18℃  10℃
5月  18℃  8℃  23℃  15℃
6月  21℃  10℃  25℃  19℃
7月  24℃  12℃  29℃  22℃
8月  22℃  13℃  31℃  24℃
9月  20℃  10℃  27℃  20℃
10月  15℃  7℃  21℃  14℃
11月  11℃  5℃  17℃  9℃
12月  9℃  4℃  12℃ 4℃

*参考:Current Results weather and science facts

ビクトリア旅行!服装はどうすべき?

一年を通して気候が穏やかなビクトリア!

と言えど、季節ごとに服装は多少変わってきます。

事前に服装チェックしていきましょう!

3〜5月

  • 3月頃から天気は安定します!
  • 長袖のシャツ、ジャケットや軽めのコート
  • 朝晩は冷え込むので、セーターやフリースなども必携

6月〜8月

  • 天気がよい日中は半袖でもOK
  • 朝晩は冷え込むので、パーカーなど、上に羽織るものが必要
  • 日差しが強いので、サングラスや帽子も!

9月〜11月

  • 安定した天気のよい日が続くことが多い
  • 長袖のシャツ+コート/ジャケット/フリースなど
  • 11月に入ると雨が降りやすいので、レインコートやレインブーツがあるとGood

12月〜2月

  • カナダの他の州や都市に比べると比較的温暖
  • 雪が降ることはほとんどないですが、雨の日が多く予想されるので雨具は必需品
  • 東京の冬の服装と同じく、長袖シャツ+パーカー/セーター/上着(寒い日はダウンジャケットや厚手のコート)

ビクトリア旅行のお助けアイテム!

旅行先で、「あれを持ってくればよかった…」という経験はありませんか?

現地で買うのもアリですが、日本から持っていけるものがあれば無駄な出費もなくなるかも!

そんなお助けアイテムをまとめてみました。

雨でも晴れでも快適なシューズ

ビクトリアでは、大自然を楽しみながら、外を散歩したりする時間も多くなります。
1日の中で、雨が降ったと思ったら、すぐ晴れることもあるので、どちらの状況にも対応できる履きやすいシューズがあると安心!

レインジャケット

雨の日は、やっぱりレインジャケットがあると便利です。傘のように壊れることも、手がふさがることがないので、外でのアクティビティにも最適。

レジャーシート/ピクニック用ブランケット

ビーコン・ヒル公園で、芝生に寝転がりながら本を読んだり、人間観察をしたり、ランチを食べたり…まるで天国のような時間。そんな時に、レジャーシートやピクニックようブランケットがあると便利です。できれば、芝生が濡れていても安心な裏面がウォータープルーフになっているものがGood!

日焼け止めクリーム・サングラス・帽子

夏は特に日差しが強く、眩しすぎる日もあります。紫外線も強いので、しっかり日焼け止め対策をしましょう。

ビクトリアの人気イベント♪

3月〜5月

  • Victoria Beer Week (3月)
    ブリティッシュ・コロンビア(BC)の地ビールとビクトリアの地元のフードを楽しめる!
    テイスティングや、セミナーなど、様々なイベントが盛りだくさん!

6月〜8月

  • TD Victoria International JazzFest (6月-7月)
    10日間にわたるジャズフェスティバル。
    カナディアンアーティストだけではなく、世界各国からきたアーティストの生演奏が聴ける。
  • Taste: Victoria’s Festival of Food and Wine (7月)
    ブリティッシュ・コロンビアのワインと共に、バンクーバー島のトップシェフたちによる地元の旬な料理を楽しめます。もちろんテイスティングやセミナーなどのイベントも!
  • Victoria Fringe Theatre Festival (8月–9月)
    世界中のアーティストたちが繰り広げる12日間の熱いライブパフォーマンス!詩の朗読や、ドラマ、ミュージカル、ダンス、コメディー、マジック、映画などを楽しめる大人気のイベントです。

9月〜11月

  • Rifflandia Festival (9月)
    4日間にわたるビクトリア・ダウンタウンでのライブミュージック
  • Victoria Classic Boat Festival (9月)
    毎年「The Maritime Museum」が主催するビクトリア・クラシック・ボートフェスティバル!停留所に集まった100隻以上ものクラシックボートを楽しめます!ボートレースや、アクティビティー、ワークショップやイベントで盛り上がっています。
  • Art of the Cocktail (10月)
    バンクーバー島、最大級のカクテルパーティー!参加者900人超え+40社もの出展企業が集う、ビクトリアの熱いフェスティバル!カクテルのテイスティングや、マスタークラスなど、楽しみがたくさん!

12月〜2月

  • Victoria Whisky Festival (1月)
    毎年1月には、ウィスキーが大好きな人々が楽しみにしている世界屈指のウィスキーフェスティバルが開催されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ビクトリアは、カナダの中でも天気が穏やかなので、旅行もしやすいのが人気の理由です。

基本的に東京の天気とあまり変わらないですが、日焼け対策や雨具などは、しっかり準備していきましょう!

Enjoy your trip!